保険屋が入っている保険とは?(火災保険)
こんにちは。ヨッシーです。

今日も保険ネタです。

前回の過去の記事の医療保険編ではかなりの反響をいただきました。

ありがとうございます。詳しい内容をご希望なら直接メッセージでお問い合わせくださいませ。
今日は火災保険編です。

皆さん火災保険って入ってますか?

賃貸にお住まいの方なら大抵賃貸契約するときに大体2年間で15,000円から20,000円くらい請求されてませんか?

実はこの火災保険はもっと安くかけれることを知ってますか?

不動産屋さん、つまり大家さんが賃貸人の方に掛けてほしい保険は実は借家人賠償保険だけなんです。

ただこの賠償保険は単品で販売されていないので必然的に火災保険とセットとなります。

だからついでに不動産屋さんが保険代理店を兼ねているところが多いので、部屋を借りる賃貸契約とセットで保険を契約することが多いんですね。

もしあなたが賃貸契約をしているなら火災保険をセットで契約している人が多いはずです。

もしよければ火災保険の証券も手元にあるはずですから引っ張り出してみてみてください。

恐らく家財に掛けている保険金額の欄が412万とかえらい半端な数字になっているはずです。

なぜこんな半端な数字になっているか?

あなたの家財、(例えばテレビとか冷蔵庫などの家具のことです。)を賃貸契約の時に不動産屋さんが算定したのか。

答えはNOです。

ただただ不動産屋が2万円の保険料が欲しいが為に保険料から逆算して家財の保険金額が決められているだけです

そこには何の根拠も存在しません。


ちなみに保険屋ヨッシーが入っている火災保険はいくらなのか?

僕の家財に掛けている火災保険の掛け金は・・・・











月々40円です。











年間でも480円ですね。

ワンコインいかないくらいです。

内容は家財が燃えてしまった場合100万円保険金が支払われます。

僕にとって全部家財が燃えても100万あれば十分です。

僕の保険の考え方は掛け金は最低限で、補償も必要最低限でいいと思っています。

ちなみに建物に関しては、僕は分譲マンションを購入しているので火災保険を掛けています。

もちろん自分自身で契約して。

条件は万が一建物が燃えたら1570万円保険金が支払われます。

保険期間は35年間一括で払いました。

保険料はなんと




37,410円です。





35年間の保険料ですから一年間にすると1,068円ですね。

月々に直すと89円ですね。

約90円です。

建物に関しては一括で払っているので35年後まで払うことはありません。

構造や条件で保険料は異なりますから一概にみなさんおなじ保険料でやることはできないのですが、

要は保険は商品ではなく、掛け方が大事です

ただ普通の保険屋さんは中々ここまでやってくれないと思います。

儲けがほとんどありませんので。

でも、僕はこういう情報を自分のお客さんにガンガン伝えますけどね。

保険会社からしたら嫌でしょうけど。



もし、こういう保険の情報を直接欲しい方がいらっしゃいましたらメッセージお待ちしております。

関西圏、中四国ぐらいまでの方でしたら直接僕がうかがいます。

もちろん交通費や費用などは頂きません。

その代わり証券を見て提案させてもらえるところがあるのならさせてください。

もちろん話を聞いたからといって契約しなければいけないということもありません。


気になった方はメッセージをお待ちしております。





今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/12/10 19:05] | 保険についての考え方 | コメント(0) | page top
保険屋が入っている保険とは?(医療保険)
こんにちは。ヨッシーです。

今日は保険ネタです。

前回の記事はこちらです。保険屋が入っている保険とは(個人賠償保険)

今回は医療保険編です。

先ず、医療保険に関しては資産運用系のブロガーの皆さんは「国の健康保険制度があるから、高額療養費還付制度もあるし、不要である。」という意見が大半を占めると思います。

その意見は正しいです。

日本は財政的に厳しいですが、国民皆保険制度はしっかり整っており、万が一病気で入院しても国の手厚い社会保険制度を受けれます。

だから健康保険制度の中で医療費が収まるのであれば民間の保険会社の医療保険に加入する必要はありません。

しかしそれは医療費が健康保険制度の中で納まった場合だけです

治療内容の中には先進医療といい国の健康保険制度が適用されない、つまり全額実費でかかる医療が存在します。

また、医療費の中には差額ベット代、いわゆる個室ベット代は健康保険制度が適用されません。

僕が入っている医療保険はいわゆる健康保険が適用されない部分だけかけています

通常の入院であれば健康保険制度があるので民間の保険はそれほど必要ではありません。

しかし、健康保険が適用できない実費分。例えば個室代、交通費、雑費、もろもろの費用。そして先進医療。

ここにだけは保険をかけています。

そして、CMでやっているような日額保障ではなく実費保障を選択しています。

日額保障では昨今の医療事情により、入院期間が短くなっているので、いくら金額を上げてもつり合いが取れません。

ここら辺を保険会社はかなりぼかしてCMをやっています

みなさん、気をつけましょう。

嘘は言ってないけど本当のことも言っていません。

ちなみに保険料、つまり掛け金は僕の年齢で月々1500円です。

これを今は年払いで払っているので年間16,410円です。


そして、この保険の最大のメリットはT-ペック社のセカンドオピニオンサービスです。

僕がこの保険の中で一番気に入っている部分です。

これは日本中からその病気を治せる名医や病院までの紹介状を書いてもらえるというサービスです。

なりたくはないですけど、万が一自分が重病になってしまったときその病気を治せる確率の一番高い人のところまで最短距離で行けるというものです。

このサービスにより、名医の手配とお金の手配を両方できるというものです。

要は公的な保険でできる範囲は保険はかけないで、出来ない部分だけ保険を掛けるという考え方で医療保険をかけています。

数万円から数十万円くらいは自分のお金で賄いますが、それ以上の部分には保険の出番にしておくという考え方ですね。

費用対効果から考えてもこれくらいの掛け金であれば満足しています。


「保険屋が入っている保険とは」というお話でした。




今日もブログにお越し頂きありがとうございました。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村


[2015/12/07 18:06] | 保険についての考え方 | コメント(0) | page top
保険屋が入っている保険とは?(個人賠償保険、弁護士費用保険)
今日も新しいカテゴリーを追加したいと思います。

カテゴリー名は「保険について考え方」


基本的に僕の保険への考え方は「必要なもの以外は入らない」です。

当たり前といえば当たり前なんですが、人によって何が必要で何が必要でないかは変わってくると思います。

そして、その自分にとって何が必要なのかをしっかり考えなくてはなりません。

そうでなければ保険屋のいいように丸め込まれてしまいます。

来店型のショップであろうとFPの資格を持っていたり、税理士がやっていたりするものがあります。

「私たちはお客様のために公平な立場からウンタラカンタラ~」


どんなにきれいごとを言っていてもしっかり利潤を追求してきます。

当たり前です。営利集団ですから。

もちろん僕もそうです。ただ自分自身ポリシーを持ってやってますけど。


前置きが長くなりましたが、僕自身入っている保険をご紹介したいと思います。

これもシリーズ化したいと思います。一回では書ききれないんで。

ただ、具体的な商品名は避けたいと思います。

なぜかというと業としての責任が取れないからです。

実は僕の仕事も資格業になっていて、(資格といっても超簡単に取れますが)色々な制約があります。

またブログではどうしても細かいところの説明に限界があるからです。

なので、どうしても気になるという方は個別にメッセージでお問い合わせください。


まず僕が一番大事だと思っているのが個人賠償保険です。

これはよくほかのブロガーさんも紹介されてますね。

とりあえず個人賠償保険だけははいっとけみたいな。

僕もその通りと思います。

例えば自転車に乗っていて子供をはねてしまった。打ち所が悪く最悪大きな後遺障害が残ってしまった。

賠償額が何千万も請求され、裁判になり、判決が下りてしまった。

こんなことに巻き込まれてしまったら、どんなに資産運用を頑張っていようと人生詰んでしまいます。

だから、個人賠償保険の支払限度額は「無制限」をお勧めします。最低でも「一億」は入っていたほうがいいです。

結構忘れがちですが示談交渉サービスがついたものを選びましょう。

この示談交渉サービスがついていないともし事故に巻き込まれた場合最悪自分で相手の方と法的な話し合いをしなくてはなりません。もめ事が好きで交渉事が好きでたまらないという人以外は避けたほうが無難です。


後、これが逆になって自分自身が被害者となってしまった場合はどうなるでしょう?

これも大変です。相手がまだ保険に入ってくれてたらまだましです。入っていても相手は保険会社の示談交渉人です。

交渉ごとにかけてはプロです。

あなたが交渉事にかけては三度の飯よりも好きという人でなければこちらも交渉事のプロに任せましょう。

いわゆる弁護士です。

この弁護士もピンキリでちゃんと選ぶ必要がありますが、弁護士の強みは最悪裁判までやれることです。

この弁護士の費用も保険金で払ってしまえるのが「弁護士費用保険」です。

よく自動車保険の「弁護士費用特約」とありますがこれとは少し違います。(保険会社によって若干特約名は異なります。)

自動車保険の方はあくまでも自動車に乗っている時に被害事故にあった時だけです。

混同しないようにしましょう。



因みに僕が入っているこの個人賠償保険と弁護士費用保険の保険料は両方合わせて月300円です。


とりあえずこれだけは先ず入っています。

もちろん僕のお客さんにも勧めています。


「保険屋が最低限これだけは入っておきたい保険とは?」というお話でした。


[2015/09/29 08:33] | 保険についての考え方 | コメント(0) | page top
| ホーム |