現状の報告
約一か月ぶりの更新です。

こんな閑散ブログにも毎日数人の方が見に来られてるようです。

多分ほぼ同じ方なんでしょう。その度にがっかりさせているんだとしたら申し訳ない気持ちになります。

ただ僕の中でブログを書く目的みたいなものをほぼ達成してしまったので、閉じてもいいんですけど、たまにこうやってつぶやきたくなるんですよね。

そんな目的のためにも取りあえず書きたい時に書いていこうかなという気持ちです。


現状は黄金の鶏ファンドの口数は21,156,928口になりました。

3月分の金の卵(分配金)は93,445円です。

一度は10万を超えましたが、減配などあり一旦割ってしまいました。

それでもあきらめずコツコツと積み立てていたら再び10万が見えてきました。

勿論まだまだ実際に受け取るのは4年後を見据えていますが、10万を超えてきたあたりから自分の感覚が変わってきているのを感じています。

それはなにかというと、不労所得を得るという実感です。

もしかしたら自分が仕事を辞めても、お金の為に働かなくても暮らしていける。

僕はせっかく築いたビジネスを手放すつもりはありませんが、もっと楽に暮らしていけそうです。

実感として感じられると益々楽しくなってきました。

金の卵を食べるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト
[2017/03/24 08:05] | 日記 | コメント(0) | page top
久しぶりに更新
久しぶりの更新です。

ブログ自体の目的を失ってしまって一度更新をさぼると備忘録としての役割事態なくなってしまってました。

勿論資産運用自体は続けていますし、分配金が減ったりと色々ありましたが、積み立て投資自体は続いています。

黄金の鶏ファンド自体の口数は2000万を超えました。

しかし、分配金減に伴い一部投資方針を変更しました。

今までは保有しているすべてのファンドを再投資していましたが、6つのファンドのうち4つは受け取りに変更します。

それは、アジア、インベスコ、ピクテ、ラサールです。

このファンドに関しては2年ほど様子を見ましたが、どうやら特別分配金【元本払戻金】が続いて、今後も回復の見込みがないので

売却せずに受け取りに回します。

受け取った分配金は残りのファンド、ワールドとフィデリティに回します。

4つのファンド全部合わせて45,000円ほどです。

これぐらいではお小遣いぐらいにしかなりませんからね。

それならほかのファンドの餌代にします。

まだまだ自由になるのは先でいい。

後4年。オリンピックまで。

ぼちぼち行きますわ。
[2017/02/13 07:57] | 日記 | コメント(0) | page top
貯蓄自己最高額(500万)達成!
本日自分の人生の中で貯蓄自己最高額5,000,000円を達成したので、キリもいいので日記に書くことにしました。

まぁ、僕の場合貯蓄=総投資額になるのでまるまる投資信託に投入してるんですけど、我ながら実感ないです。

今思えばもっと早くから資産運用に気づいていればよかったなと思いますが、気づいた時が自分の人生で最も若いときです。

そこからコツコツ積み立てていくことが大事だと思います。

僕の貯金の目的は将来の不労所得を得るのが目的なんで、この貯蓄をくずすことは生涯ないとは思いますが、今は淡々とやり続けていきます。

僕自身がお金の為に働くだけではなく、お金が僕の為に働いてくれる。

最高ですね。早くそうなりたいです。


それでは今月もコツコツと節約に仕事に頑張りたいと思います。


今日もブログにお越しいただき有難うございました。

応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

[2016/04/05 16:27] | 日記 | コメント(0) | page top
賠償金が返ってきた
今日驚くことがありました。

去年お花見の日に車上荒らしに会い窓ガラスが割られ、僕の愛車が被害にあったのですが、3か月ほどしてなんと犯人が捕まりました。

普通こういう犯罪は警察も熱心に捜査してくれないし、半ばあきらめてたんですが、犯人逮捕の連絡が入ったときは驚きました。

捕まった犯人は二人組で窃盗の余罪がなんと300件もあるプロの泥棒でした。泥棒にプロというのも変ですが。

捕まった犯人は40代半ば。いい年のおっさんです。

僕は自分が入っている弁護士費用特約というものを使い、弁護士に被害者請求を依頼しました。

実際弁護士を代理人に立てて犯罪者に面会までしてもらったんですが、当然のことながら泥棒なんて生業にしてる人間に支払い能力なんてあるわけありません。資産なんかもないし。

訴えて裁判に勝てても裁判所が取り立ててくれるわけでもありませんので、正直損害の回収はあきらめていました。

まぁ、犯人が捕まっただけでもましかと思っていました。

しかし、一年ぶりに弁護士から手紙が届いたのです。

今回の弁護士は僕が依頼をかけた弁護士ではなく、犯人側の弁護士からでした。


加害者本人は現在刑事裁判中で深く反省しております。遅くなって申し訳ありませんが、加害者としては、年老いた父の援助を得て、勝手ながら被害弁償として100,000円お支払いすることとしましたので支払方法を教えてください。

と連絡がありました。

僕の中ではほとんどあきらめていたお金なので自分の損害の一部しか回収できませんが、なぜか得したような気になりました。

それよりも犯人の父親ということは恐らく年齢は70代半ばか80近いはず。

加害者に同情する気は微塵もありませんが、年老いた父親を想像し、気の毒になりました。




まあ、とはいっても払ってもらえるならしっかりもらいますけど。

払うことによって少しでも量刑を軽くしてもらいたいから払うんでしょうし。



それはそれ、これはこれ。

とりあえずこのお金は車検代に使おう。



相手の弁護士に電話して聞いてみたんですけど、僕が弁護士を代理人に立てていたことが支払いにつながったらしいです。

やっぱりややこしい相手は先に済ましておきたいのは世の常ですな。

それにしても自分の人生で弁護士費用特約を使うことになるなんて思いもよらなかったです。

皆さんもこんな時の為にも保険にはしっかり入っておきましょう。

人生いついかなることが起きるかわかりません。




今日もブログにお越しいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いします。

[2016/03/14 22:20] | 日記 | コメント(0) | page top
離婚して思うこと
今日はちょっと日記的な記事を書こうと思います。

一昨日深夜番組で「月曜から夜更かし」を見ていました。

マツコ・デラックスさんと関ジャニの村上信吾さんがMCを務める番組なんですけど、

そこで「既婚者よりも独居老人のほうが幸福度が高い件」という下りがありました。

マツコ・デラックスさんは「あ~なんかわかる気がする~」

村上信吾さんは「俺はやっぱり家族とかまだ夢みたいけどな~」

とコメントしていました。


結構この件に関してはあっさりと済まされて次の話になったんですが、

最近離婚した身としてはかなり気になりました。

ネットなんかで検索してみると既婚者と独身者のメリット、デメリットがずらずらと出てきます。

なかなか興味深くここ2日ほど眺めていました。

【結婚することのデメリット】
・自由に使えるお金が激減(手取りの10分の一以下)
・異性との交際が不自由
・プライバシーが大幅に制限される
・共同生活による我慢、妥協、不自由を余儀なくされる
・自由になる時間が減る
・自由になる空間が減る
・子供や家などで億単位の膨大な金がかかる
・子供の養育費が高騰(一人約3000万)
・転職、独立などの挑戦がしにくい、保守的な生き方
・親戚づきあいなどが増え煩わしい


【独身者のデメリット】
・パートナーがいなければ当然自身の生涯の食い扶持を自分で稼がなければならない
・自分のDNAを残せない
・親や周囲の結婚に関するプレッシャーがうざい
・子育てを経験できない
・病気になったとき看病してくれる人がいない
・地方転勤の対象になりやすい傾向がある
・孤独死が怖い
・掃除、洗濯、食事(家事)を自分でやらなければならない
・外食が多くなり、栄養バランスが悪くなる
・家庭を持つという安心感が味わえない


こんな感じで検索できました。

双方どっちの言い分もわかります。

今の自分は独身者になりますので、独身者のメリットに傾きがちです。

でも結婚しているときは既婚者のメリットに傾倒されていました。

まぁ、子供はいませんので子育ての経験はできませんでしたが。

強いて言うなら自分自身が子供を持ちたいかどうかで今後結婚したいかどうかが決まると思います。

そういう観点で言うと正直微妙なんですよね。

子供が欲しいかと問われると、経験したことがないのでわからないのが今の僕の答えです。

経験してみるとやってよかったと思えるかどうかはやってみないとわからないですよね。

ただ独身者のデメリットは金銭的な問題がほとんどですね。

ということはそれがクリアされるとほとんど問題がなくなりそうです。

まあ、子供だけは解決できませんけど。


~~まとめ~~

結婚しても独身でも幸せであるかどうかは自分次第。

ただ生涯独身でも幸せに生きることは可能であることが分かっただけでもすっきりしました。




今日もブログにお越しいただき有難うございました。

応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村






[2016/02/10 18:48] | 日記 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>