ホリエモン
図書館から借りて読んでみました。

「君がオヤジになる前になる前に」

この本が書かれたのは2010年。今から7年前。どうやらホリエモンが収監される前に書いた本みたいですね。

僕がホリエモンの本を読んだのは世間的にも話題になった本「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足しいていく」からなんですけど、

結構はまって何冊か読んでみました。

この人の思考は超合理的にできている。読んでいて共感できることが多い。

特に儲けのしくみで書かれている「もし起業するなら①元でがゼロ②定期収入がある③在庫リスクがない④利益率がいい」

この4つのルールを守ることだと記述している。

これ僕がやっている保険ビジネスにまんま当てはまる。

確かに保険営業は辛いことも多いけど、上手くやれば超儲かるお仕事だ。

それと保険営業はもう一つ旨みがある。

それはなにかというと、世間的なイメージだ。

「保険の営業は難しい、なかなか契約が取れない、普通の人ができない。」

だれもがやりたがらない仕事だから競争相手が乱立しない、入ってきてもすぐ辞める。

たとえおいしい商売でも競争相手が沢山いたら利益率が下がり競争が激化してしまう。

新卒の人がやりたがる仕事でもないし。なのでうちの会社でも採用するのは経験者のみだ。

それでもなかなか契約が取れなくて辞めていく人も多い。

でも、僕にとってはこの保険ビジネスはまさに黄金の羽なんだけどね。


ちなみにホリエモンは生命保険なんか入らないと言っている。まあ、超合理的な思考の持ち主だからそうなるよねw



スポンサーサイト
[2017/04/09 10:21] | 仕事についての考え方 | コメント(0) | page top
ビジネス資産を数値化してみる
今日は気が乗ったのでもう一記事書きたいと思います。

前回の記事ビジネス資産についての続編になります。

僕は自分の収入をビジネス資産から得ています。

では、いったい自分のビジネス資産はいくらなのか。

ちょっと書き出していきたいと思います。

僕のビジネス資産はお客様からお預かりしている保険料が主となっています。

そして僕が契約しているお客様の総数は今日現在で631名です。

年間生命保険料・・・・36,063,317円です。

年間損害保険料・・・・50,927,295円です。

合計保険料・・・・86,990,612円です。

一時払いの契約や長期契約(火災保険など)は年間契約に置きなおして計算しています。

但しこれはあくまでもお客様が保険会社に納めた保険料です。

ここから代理店報酬としてうちの代理店に振り込まれます。

その代理店報酬が2014年総額
17,536,967円でした。

大体約20パーセントですね。

そこから直接僕に振り込まれるのが57パーセントでした。

なので去年の収入は9,996,073円でした。

約1000万です

しかし今年からの契約で僕の取り分は40パーセントになりました。

もちろんそこから社会保険などの税金も引かれます。

予想される手取り収入は約500万くらい。

もちろんこれでも貰いすぎだと思っています。

もともと僕はニート崩れでした。(詳しくは過去の記事自己紹介②をご覧ください。)

あの時の砂をかむような思いをしていた時に比べれば今は天国です。

しかし僕はずーっと年収1000万円に強い憧れを持っていました。

今年は年収が落ちることは確定しています。

それでも僕はあきらめません。落ちるのは一時だけです。

いつか絶対に自分を取り戻す!

去年の源泉徴収票を見ながら僕はつぶやきました。


「いつか絶対にここに戻ってくる。」



絶対に負けない。











本日も当ブログにお越しいただきありがとうございました。
にほんブログ村の資産運用でランキングに参加しております。
左のバーの資産運用のボタンをポチッと押していただくと更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。
[2015/10/07 17:09] | 仕事についての考え方 | コメント(0) | page top
ビジネス資産について
カテゴリーを一つ追加します。

「仕事についての考え方」です。

僕の仕事は保険屋さんなんですけど、仕事の中で一つ気にいっていることがあります。

それは積んでいける仕事であること。

保険代理店によって契約形態が違うので一概に一緒とは言えないんですけど、僕の代理店では基本的に自分で契約したお客様は全て自分で管理し、そこから得られるコミッション(代理店報酬)は会社と決められた条件で分け合います。

今年に入ってから理不尽な契約で収入が半減してしまったんですけど(詳しくは自己紹介⑤をご覧ください。)

それでも自分自身の能力や努力で増やしていける仕事でもあります。

そして保険ビジネスはかなり不労所得に近いです。

基本的にお客様と保険契約をしたらお客様が保険を解約しない限りコミッションが発生します。

損害保険と生命保険でコミッションの発生方法が違うのですが、それでもお客様の数が増えてくれば自然と収入も増加します。

そして契約をすると事故があるとき以外はほとんど出番がありません。

後はお客様とより良い関係を築くために色々なフォローをしています。

最近のテーマは資産運用や相続のご相談が多いですね。どちらも得意分野です。

また色々なお話を記事にしたいと思います。




ここで「資産と負債の違いについて」の記事でも書きましたが

資産とはあなたのポケットにお金を入れてくれるもの

負債とはあなたのポケットからお金をとっていくもの


とあります。

僕は仕事をビジネス資産と定義しています。

これは誰でも持っていると思います。

サラリーマンでも公務員でもはたまたフリーターであろうとも、毎月給料を稼ぐ能力。

あなたのポケットにお金を入れてくれるもの

つまり資産です。


僕の黄金の鶏ファンド=金融資産も大事に育てていきたいですが、

お金を稼ぐ能力=ビジネス資産も大きく育てていきたいと思っています。



自分の稼ぐ能力を資産とみなしてみるというお話でした。







[2015/09/28 18:33] | 仕事についての考え方 | コメント(0) | page top
| ホーム |