賠償金が返ってきた
今日驚くことがありました。

去年お花見の日に車上荒らしに会い窓ガラスが割られ、僕の愛車が被害にあったのですが、3か月ほどしてなんと犯人が捕まりました。

普通こういう犯罪は警察も熱心に捜査してくれないし、半ばあきらめてたんですが、犯人逮捕の連絡が入ったときは驚きました。

捕まった犯人は二人組で窃盗の余罪がなんと300件もあるプロの泥棒でした。泥棒にプロというのも変ですが。

捕まった犯人は40代半ば。いい年のおっさんです。

僕は自分が入っている弁護士費用特約というものを使い、弁護士に被害者請求を依頼しました。

実際弁護士を代理人に立てて犯罪者に面会までしてもらったんですが、当然のことながら泥棒なんて生業にしてる人間に支払い能力なんてあるわけありません。資産なんかもないし。

訴えて裁判に勝てても裁判所が取り立ててくれるわけでもありませんので、正直損害の回収はあきらめていました。

まぁ、犯人が捕まっただけでもましかと思っていました。

しかし、一年ぶりに弁護士から手紙が届いたのです。

今回の弁護士は僕が依頼をかけた弁護士ではなく、犯人側の弁護士からでした。


加害者本人は現在刑事裁判中で深く反省しております。遅くなって申し訳ありませんが、加害者としては、年老いた父の援助を得て、勝手ながら被害弁償として100,000円お支払いすることとしましたので支払方法を教えてください。

と連絡がありました。

僕の中ではほとんどあきらめていたお金なので自分の損害の一部しか回収できませんが、なぜか得したような気になりました。

それよりも犯人の父親ということは恐らく年齢は70代半ばか80近いはず。

加害者に同情する気は微塵もありませんが、年老いた父親を想像し、気の毒になりました。




まあ、とはいっても払ってもらえるならしっかりもらいますけど。

払うことによって少しでも量刑を軽くしてもらいたいから払うんでしょうし。



それはそれ、これはこれ。

とりあえずこのお金は車検代に使おう。



相手の弁護士に電話して聞いてみたんですけど、僕が弁護士を代理人に立てていたことが支払いにつながったらしいです。

やっぱりややこしい相手は先に済ましておきたいのは世の常ですな。

それにしても自分の人生で弁護士費用特約を使うことになるなんて思いもよらなかったです。

皆さんもこんな時の為にも保険にはしっかり入っておきましょう。

人生いついかなることが起きるかわかりません。




今日もブログにお越しいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
[2016/03/14 22:20] | 日記 | コメント(0) | page top
<<金の卵が産まれる日(2016・3・16) | ホーム | 祝!!ブログご来店20,000人達成!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |