終わらない恐怖
僕の同僚の話です。仮にA君とします。

そのA君が最近車を買いました。前に乗っている車は外車で燃費が悪く、リッター5キロほど。中古で買っているので修理費が年間100万ほどかかったそうです。

だましだまし乗っていたのですが、それもとうとう限界がきて5年間で車を買い替えることになりました。

僕はてっきりその外車を処分して新たな車に買い替えると思っていたのですが、どうやら処分したくてもローンが残っているからできないそうです。彼は5年間でローンを組みました。しかし、最後に一括して150万を払わなければいけない残債ローンを組みました。

当初の計画では5年後に車を売却して、そのお金で残債分の150万を払うつもりでいました。

しかし、営業で乗り回し、最終的には修理しなければ走らない車を150万で買い取ってくれるわけがありません。

因みに新たな車を買ったところで査定してもらったら7万円だったそうです。

彼は150万を一括で払えなかったので、その150万をさらにローンを組んだそうです。

話を聞くと支払いは毎月2万でいいそうです。

どうやらそれはリボ払いのようでした。

金利は14.8パーセント。

150万の年利14.8パーセントといううことは金利だけで年間222,000円。

これを12か月で割ると18500円。

支払いの2万円のうち金利分が18500円。

一か月1500円しか元本が減らない計算になります。

いったいいつになったらこの返済は終わるのでしょうか。

さらに彼は中古で今度は燃費のいい車を諸経費込みで130万で買ったそうです。

勿論これもローンです。まあ、この車に関しては自動車ローンで4パーセントほどでしょうが。

維持費だけでも2台分です。

彼は明るく「そのうちお金を貯めて一気に払うから大丈夫だよ。」と言っていました。

恐ろしいですね。リボ払い。普通の人がこうやってはまっていくんだなと思いました。
スポンサーサイト
[2017/05/07 09:28] | お金に対する考え方 | コメント(0) | page top
<<久々にガツンと入金 | ホーム | 分配金が再び10万を超えました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |