スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
婚活、結婚、離婚について(離婚編)
さて、いよいよこの話も完結編を迎えます。

こんな弱小ブロガーのつまらないお話にお付き合いいただきありがとうございます。

2015年9月22日の時点でブログ村の資産運用のカテゴリーでなんと9位にランクインされています。

まだブログを始めて22日間なんですが、拍手をいただいたり、コメントまで頂けるようになりました。

もうめちゃくちゃうれしいです。インターネットの世界はすごいですね。なんか無限の広がりと可能性を感じます。

ありがとうございます!頑張ってこれからもブログの更新を続けていきたいと思います。




今日の記事は自分にとってはなかなかしんどい記事になると思いますので頑張って書いていこうと思います。


破局は突然訪れました。

今年2015年5月30日、土曜日です。

普段と変わらない様子でお互い朝目覚め、いつものように朝食をとり、僕は仕事へ出かけます。

嫁「カッターシャツとスーツ、クリーニングに出しとくね。」

僕「ありがとう、おねがいね」



これが最後の会話でした。

嫁は結婚してから毎週実家に帰っています。

理由は実家にいる飼っていたトイプードルに会いたいという理由と趣味でやっている中国笛の練習がしたいからという理由で。

僕たちが住んでいるマンションでは音が大きいので周りの近所からクレームが来たら嫌だからという理由でした。

そして、いつもなら日曜日の晩に帰ってきていました。

しかし、いつもの時間になっても帰ってきません。

さすがに心配になり、メールしたり、電話してもつながりません。

そして、しばらくしたら義理の母から電話がかかってきました。

義理の母「○○が少し悩んでるみたいだからしばらくこっちで預かるわ。仕事もこっちから通わすから心配しないで。後、メールとか電話はしないでほしい。」

僕「そうなんですか!?朝は特に普通でしたよ。心配だから電話口に出してもらえませんか?」

義理の母「いや、今は少し様子を見たほうがいい。こっちで面倒見るから心配しないで。」

と、何回かこのやり取りをして、僕が心配していることだけを伝えてほしいとお願いして電話を切りました。

そして、一週間後義理の母から僕の実家に電話があります。

「娘が離婚したいといってるから離婚してほしい」

僕の母が理由を聞いてもいまいちはっきりしません。

要約すると僕が給料を全額嫁に渡さず、生活費を渡していることが不満だったみたいです。


ちょっと補足すると、僕は仕事で経費が掛かります。この経費は会社からは一切出ません。

なので、サラリーマンのお小遣いでは出来ません。なので、収入と支出の管理は僕がしてました。

マンションのローンも電気代も通信費も生活に掛かる費用は全部僕が出していました。

そして、一か月の食費として嫁に毎月10万渡していました。

貯金や投資も僕がきっちりやり、毎月嫁にも公開していました。

嫁も働いていましたが、嫁の稼いだ分は嫁に任せていました。貯金したかったら貯金していいし、旅行とかしたかったら自分で貯金していってもいいよと。

実際嫁は2014年には新婚旅行のハワイも含めて3回海外旅行に行っています。旅行相手は僕ではなく、友人とか義理の母と。

まあ、僕は仕事が忙しくて時間も空けれなかったですしね。補足終わり。


実家の母も突然のことでパニックになり、慌てて僕の家に飛んできました。

僕はその時初めて相手に離婚の意思があることを知りました。

その時僕はどう思ったか。



あぁ、やっぱりな・・・



妙に冷めた自分がいました。

嫁とは結婚してから一年半の期間でしたが、その間夫婦間のセックスは2回しかありませんでした。

僕が求めても仕事で疲れているとか気分が乗らないとかのらりくらりと拒否されていました。

収入が今年に入って下がったのですが(このことは自己紹介⑤をお読みください。)それ以来嫁が笑ったところを見たことがありませんでした。極端に会話が減りました。

今年に入ってから毎週平日2日ほど帰ってくるのが遅い日がありました。本人曰く友人と食事に行ってたそうです。

今年の2月に妊娠の疑いがありました。数少ないい僕とのセックスと計算が合いません。さすがにそこまで馬鹿じゃありません。




僕も離婚を決意しました。





嫁にとって8つも年上で顔も好みではなく、結婚した理由は経済的な理由でしかありませんでした。

収入が半減した僕は彼女にとって結婚を継続する理由がなくなったんでしょう。

彼女のミスは


好きでもない相手と結婚してしまったこと



お金は確かに大事です。でも、気持ちがない相手と結婚しても幸せにはなれません。

彼女もこれを人生の経験にしてもらえればと思います。


話を戻します。

離婚を決意した僕は相手方に電話をかけます。

嫁に電話しても出ませんので、仕方なく義理の母の携帯に。

義理の母はとにかく僕が悪いの一点張り。

ただねぇ。理由がボヤっとしすぎでしょ(苦笑)

・やさしくない
・お金に細かい
・○○のことを真剣に考えてくれてない。

はい、はい。義理の母としては僕を悪者にしないと話が前に進みませんもんね。もっとわかりやすい原因があったらよかったね。

・ギャンブルとか
・酒におぼれるとか
・僕が浮気してるとか
・暴力振るうとか
・働かないとか
・生活費を入れないとか
・今はやりのモラハラとか

攻めやすい口実があればよかったのにね。特に何も無さ過ぎて会話の中で自分で矛盾点出まくりだし。

とりあえず一通り相手に言いたいこと言ってもらって、離婚届と荷物を引き取りに行く段取りを義理の母としました。


そして、後日嫁と義理の母二人で僕の自宅に来ました。

僕はこの件に関してここまで嫁と一切離婚について話し合いをしていません。

そして、この日も一切嫁と話をしませんでした。

全て義理の母がガードしてました。

義理の母がまくしたてるのを聞き流しながら、ぼーっと嫁を眺めていました。

嫁は特に僕を見るでもなく下を向いてうつむいていました。

僕は心の中で

「こんな大事なことおかんにやらせていいの?この先もおかんに全部やってもらうの?」

と思っていました。

一通り話が終わり、離婚届に判を押し、貯金、金融資産の半分の100万ほど渡しました。

勿論法的に争えば勝てることは分かっていました。

ただそれには相手の浮気を立証しなくてはならないし、何より何年も離婚裁判をする気もありません。

そんな無駄なことに大切な人生の時間を使いたくありません。


お互いまだ若いんだし、失敗してもやり直せばいいんです。


そして、後日嫁の荷物を搬出する日がやってきて荷物と一緒に嫁もいなくなりました。

最後出ていくとき





「バイバイ」






と手を振って出て行ったのが印象的でした。







離婚して約3か月が経ちました。やっと心の整理がついたところなのでブログにも書くことができました。

こうして書いてるとやはり気分は落ち込みますが、もう大丈夫です。

いつも読んでくれている方。もしいらっしゃるのでしたら本当にありがとうございます。

僕はこのブログを通して人はどうやったら幸せになれるのか?を追求していきたいと思います。

そしてまだまだ始めたばかりの弱小ブログですが応援して頂けるとほんとにありがたいです。





いつか国からも会社からも経済的に精神的に自由になり、人生において幸せになることを追求します!!







スポンサーサイト
[2015/09/22 10:00] | 婚活、結婚、離婚 | コメント(0) | page top
<<黄金の鶏ファンドに餌をあげる(投資する)のは月3回 | ホーム | 婚活、結婚、離婚について(結婚編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。