資産と負債について
おはようございます。ヨッシーです。

今日は資産と負債の違いについて記事を書きたいと思います。

まず登場してもらうのがロバートキヨサキさん。

言わずと知れた「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者であります。

この本の中で金持ち父さんが言った言葉。

中流以下の人間はお金の為に働く
金持ちは自分のためにお金を働かせる


金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む


資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく



初めてこの本を読んだときこの3つの言葉が衝撃的でした。

「なるほどな~ほんまにそうやわ」って思ったことを覚えています。

ほんとに物事はシンプルなんだなと思いました。

ロバートキヨサキの教えのすべてを僕は肯定しているわけではありませんが、特に資産と負債の違いの考え方については同意するところが大きいです。


この考え方で言うと資産とはあなたのポケットにお金を入れてくれるもの。

例えば
・あなたが持っている仕事
・投資信託の分配金
・株式配当
・不動産投資からの賃貸収入
・自分の著作物からの印税収入
・副業からの収入
・子供からの仕送り
・年金


負債とはあなたのポケットからお金をとっていくもの
・借金の利息
・税金
・マイホームの住宅ローン
・子供の養育費、教育費
・年老いた親への生活援助、介護費用


挙げればまだまだあると思いますが、こんなところでしょうか。

単純に資産はいいもの、負債は悪いものと思ってしまいがちですがそうではありません。

ここで言ってるのはあくまでも単純に資産と負債の違いを言っているだけです。

良い悪いを言っているのではないのです。

大切な家族に掛かるお金を借金と同列に数えるのは釈然としないかもしれませんが、負債を「あなたのポケットからお金をとっていくもの」定義するとこうなるわけです。


ただロバートキヨサキも言っていますが、ほとんどの人はマイホームに関しては誤解してるといっています。

ほとんどの人が住宅ローンを組みます。僕も組んでますが、住宅ローンを払っている間はこれはあくまでも負債です。

払いきった後もロバートキヨサキは、住み続けるのなら税金や修繕費が掛かるから負債だといっていますが、

僕は違うと思います

賃料を考えたらその分は資産だと思うからです。賃貸に住んでいたらその分の賃料が掛かるからです。

自分の所有している不動産を自分に貸していると考えれば住宅ローンを払いきった後は資産と考えられるのではないでしょうか?

よく巷では住居に関して賃貸か持ち家を選択するかで議論が巻き起こっていますが、それに関してはまた別の記事で書きたいと思います。

僕はこの資産と負債の違いをロバートキヨサキから学び、考え方が変わりました。

いろんな物事に対して「この状況は資産につながっているだろうか?それともただ負債となっているだけだろうか」

と考えるようになりました。

考え方を変えることによってお金との付き合い方も変わってきたように思います。



考え方の習慣を変えてみるというお話でした。


スポンサーサイト
[2015/09/24 08:42] | お金に対する考え方 | コメント(0) | page top
<<金の卵が産まれる日(2015・9・25) | ホーム | 黄金の鶏ファンドに餌をあげる(投資する)のは月3回>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |