お金貸してください!!
おはようございます。ヨッシーです。

今日は資産運用カテゴリーには珍しいと思うんですけど、借金ネタです。

僕は現在住宅ローンを組んでおります。

マンションの条件は

駅から徒歩2分会社から徒歩3分。

築年数はちょっと古くて36年。最近外装工事したので見栄えはきれいです。

広さは3LDK。 62へーべー。

近くに有名な大きい公園有り。

購入価格は1570万。

最近離婚を機に売却を検討しましたが、不動産屋の見積価格は1670万でした。

駅前ということもあり、かなり人気が高いようです。

ローン残高は200万ほど繰り上げ返済したので1310万ほど。

売却してもっと安い賃貸に住んでもいいんですが、家具とかも結構ファミリータイプで揃えちゃってるし、

会社から徒歩3分などの状況を考えると売却は保留としました。




ただローンを組んだ時の金利がバカ高いのです。


なんと僕が組んでいる住宅ローンの金利は











年利4.475パーセント!!










今の住宅ローンの金利相場から見たらあり得ない金利です。

2013年7月当時の僕は金融リテラシーのかけらもなく、不動産屋さんに丸投げでした。

その時の僕は年収はそれなりにありましたが、個人事業主ということもあり普通の銀行は相手にしてくれませんでした。

お金に関する知識もなく、勉強したこともなかったので不動産屋の言うことを鵜呑みにするしかありませんでした。

不動産屋さんに「ちょっと金利高いんですよね~」と言われても、普通のサラリーマンが住宅ローンをどれくらいの金利で借りてるのか知ろうともしなかったし、自分の借りる金利がどれだけ高いのかも全然理解していませんでした。

まったくもってお恥ずかしい話です。当時の僕は「そんな小さなことにこだわるより稼げばいいやん」ぐらいのノリでお金を借りてしまいました。

この金利ではちょっとした消費者金融レベルです。

毎月の住宅ローンの支払いは74,058円なんですけど、約5万くらいは金利で消えます。

残りの24,000円位が元本の支払いになるんですけど、1年返しても元本は30万くらいしか消えません。

これがいかに馬鹿馬鹿しい金利であることを身をもって勉強させてもらってます。

さすがにこの金利ではやばいということに最近気付き、借り換えをしたいと思っていたんですが、

まともな銀行は個人事業主は相手にしてもらえないと思い込んでいました。

なぜかというと購入当時の不動産屋に言われたので。

しかし諸事情があり、今年から正社員になり、厚生年金に加入し、社会保険に入りました。

詳しくは過去の記事自己紹介その5をお読みください。

「それでも3年くらいは正社員の実績がいるから借り換えは難しいと思います。」

とその不動産屋さんに言われていました。



話は変わりまして

最近税金の支払いの為に銀行窓口に行きました。

窓口のお姉さんに簡単なアンケートをお願いされたので、軽い気持ちで記入していたのですが、

質問の最後の文に「借り換えを検討している○か×か」とあったので○と記入しました。

それを見つけたお姉さん





「!!」





明らかに営業モードのスイッチが入りました。

お姉さん「ヨッシー様借り換えをご検討ですか?」

僕「貸してくれるなら借りますけどね~。」

僕「まだサラリーマンになって間もないから借りれないんですよ~。」

とお姉さんにざっくり自分の住宅ローンのいきさつを話します。

するとお姉さん。

「なるほど~、今融資担当に代わりますのでちょっとお時間ないでしょうか?」

僕も軽く「いっすよ~~」

と返事をすると、代わりにまじめそうな銀行員の方が出てきます。

年齢的には僕より少し年下くらいかな。

お兄さん「ヨッシー様、確定はできませんがヨッシー様のようなケースでも当行ではご融資した実績がございます。一度申請だけでもあげさせてもらえないでしょうか」

と丁寧に対応してくれたので、僕も

「いいですよ。もし貸してくれたらすぐにサインしますよ。」

と全然期待せずに必要書類など預けました。


でもちょっとだけ期待しています( *´艸`)

もしまともな銀行が貸してくれたら変動金利で約0.7パーセント。固定金利でも約1.6パーセント位で借りれます。

今の金利から比べたら天国です。

お金貸してほしいなぁ…。











本日も当ブログにお越しいただきましてありがとうございました!!
皆様からの拍手やポチがすごい励みになっております。
というわけでお帰りの際ポチッとお願いいたします。

今日も押してくれた方が幸せでありますように

にほんブログ村






スポンサーサイト
[2015/10/18 11:10] | お金に対する考え方 | コメント(0) | page top
<<給与公開(2015・10) | ホーム | チャレンジ企画!「1か月食費1万円生活」途中経過>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |