僕が育てている黄金の鶏ファンドについて
僕が今保有しているファンドは以下の4つです。

・ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)

・アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)

・ピクテーピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)

・インベスコ オーストラリア債券ファンド(毎月決算型)

この子たちが僕の黄金の鶏たちです。大事に育てていきます

まだまだほんのヒヨコですけどね。

よく毎月分配型の批判するブログを見かけますが、僕は次の3つの利点があると思っています。

先ず一つ目のメリット

毎月分配金がもらえるので心の平安につながる


人によっては年金の足しにとか旦那さんが稼いでくる給料の足しにとか色々な人がいると思うんですけど、毎月振り込まれる安心感は大事だと思っています。


それでは二つ目のメリット

高利回り好配当であること

毎月分配型はほとんどがアクティブ運用の為高利回りの商品もかなりゴロゴロしています。
注意:アクティブ運用であればどんなファンドでも優れているわけではありません。

そして3つ目のメリット

利益確定が容易であること

これ結構投資信託でスルーされている人いるんですけど、投資をしている以上それが株でも投資信託でもいつかは売らなくては
現金にできません。それをいつ確定させるのか、これ結構大事です。


よくインデックス投資家さんのブログを読んでるとやたらと手数料が高い、毎月分配金から税金を取られるので長期運用に向いてないとか、たこ足分配になって自分のお金を切り崩してるだけだとかやたらと鬼の首を取ったかのようにあげつらう人がいますが(笑)はい、はい、いちいちごもっともです。有名な著者の本にも書いてありますもんね。

一番傑作な批判は
市場平均でアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない


これでしょうね。
どこのファンドのどこの期間を切り取ったデータかわからないんですけど結構いろんな人が言っていますね。

これね。一言で終わります。

そりゃー全てのファンドを平均したら平均値に近づいていくよ。平均値で比べたら手数料分だけアクティブファンドが負けるのは当然

別に僕個人はインデックスファンドを否定するつもりも批判するつもりもありません。いや、ほんとです(笑)
ただ、あまりにもインデックスブロガーさんがベタな批判をしてるとついつい突っ込みたくなるんですよね。

まだ僕もブロガーとしては始めたばっかりなんでひよっこもいいとこですけど、わざわざカテゴリまで作って分配型の批判記事まで書いている人がいてびっくりしました(笑)

批判するつもりもないんですけど、作家というのは本を売ることが目的です。

本を売るという目的であればわかりやすい敵を作って批判するのは楽なやり方です。インデックス投資家の本も勿論読んだことありますけど、かなり偏ったデータを基に批判しているなと印象を受けました。

後作者は違いますけど「投資信託に騙されるな」とか極端な題名のほうが本は売れます。

いくら正しい意見でも作家にとっては本が売れなければ何の意味もないですからね。

まぁ、公平で正しい意見の本になればなるほど本としてはどんどん面白くなくなっていくでしょう。ちなみにそんな本僕は買いません(笑)
スポンサーサイト
[2015/09/07 17:14] | 投資信託 | コメント(0) | page top
<<金の卵が産まれる日(2015・9・8) | ホーム | ブログ始めます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |