スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
黄金の鶏を安く買う方法
自分のブログを投資の記録、備忘録としても使ってるんですが、

最近あることに気が付きました。

入金をするタイミングを僕は「黄金の鶏に餌をあげる日」「黄金の鶏を買付する日」として

毎月給料が入った後や、節約して残せたお金に目途がついた日にしてたんですが、

「金の卵が産まれる日」要は分配金が発生する日の基準価格に目が行きました。

今現在はフィデリティUSリートファンドBに集中しているのですが、分配金発生日の基準価格が通常よりも200円ほど安いのです。

このファンドは現在通常5,800円くらいで推移しています。それが分配金発生日は約5,600円くらいになります。

毎月分配型の投資信託は毎月決算してるので、分配金を吐き出したその日は基準価格が下がります。

よく毎月分配金は「儲けを吐き出しているから複利効果が少なくなる」という批判がありますが、

これはそのデメリットを逆手にとれますね。

僕はこれから入金日を分配金発生日の前日に振り込みを実行しようと思います。

そうすれば分配金発生日が約定日となりちょうど基準価格が下がった日と重なるはずです。

投資信託は買付と実行と約定日の関係がややこしいんですよね。

今月なら15日がフィデリティUSリートBの分配金発生日なので14日の営業時間に振り込みできれば15日が約定日になり、翌日に反映されるはずです。

これがうまくいけば半永久的に安く黄金に鶏を買付し続けることができますね!

取りあえず今月実験してみようと思います。

今から楽しみです。




本日もブログにお越し頂きありがとうございました。

応援して頂けると嬉しいです。


にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/12/04 17:02] | 投資についての考え方 | コメント(0) | page top
<<デキル奴ほど気をつけろ! | ホーム | 経済的自由の獲得のための10か年計画進捗シート続き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。