保険屋が入っている保険とは?(医療保険)
こんにちは。ヨッシーです。

今日は保険ネタです。

前回の記事はこちらです。保険屋が入っている保険とは(個人賠償保険)

今回は医療保険編です。

先ず、医療保険に関しては資産運用系のブロガーの皆さんは「国の健康保険制度があるから、高額療養費還付制度もあるし、不要である。」という意見が大半を占めると思います。

その意見は正しいです。

日本は財政的に厳しいですが、国民皆保険制度はしっかり整っており、万が一病気で入院しても国の手厚い社会保険制度を受けれます。

だから健康保険制度の中で医療費が収まるのであれば民間の保険会社の医療保険に加入する必要はありません。

しかしそれは医療費が健康保険制度の中で納まった場合だけです

治療内容の中には先進医療といい国の健康保険制度が適用されない、つまり全額実費でかかる医療が存在します。

また、医療費の中には差額ベット代、いわゆる個室ベット代は健康保険制度が適用されません。

僕が入っている医療保険はいわゆる健康保険が適用されない部分だけかけています

通常の入院であれば健康保険制度があるので民間の保険はそれほど必要ではありません。

しかし、健康保険が適用できない実費分。例えば個室代、交通費、雑費、もろもろの費用。そして先進医療。

ここにだけは保険をかけています。

そして、CMでやっているような日額保障ではなく実費保障を選択しています。

日額保障では昨今の医療事情により、入院期間が短くなっているので、いくら金額を上げてもつり合いが取れません。

ここら辺を保険会社はかなりぼかしてCMをやっています

みなさん、気をつけましょう。

嘘は言ってないけど本当のことも言っていません。

ちなみに保険料、つまり掛け金は僕の年齢で月々1500円です。

これを今は年払いで払っているので年間16,410円です。


そして、この保険の最大のメリットはT-ペック社のセカンドオピニオンサービスです。

僕がこの保険の中で一番気に入っている部分です。

これは日本中からその病気を治せる名医や病院までの紹介状を書いてもらえるというサービスです。

なりたくはないですけど、万が一自分が重病になってしまったときその病気を治せる確率の一番高い人のところまで最短距離で行けるというものです。

このサービスにより、名医の手配とお金の手配を両方できるというものです。

要は公的な保険でできる範囲は保険はかけないで、出来ない部分だけ保険を掛けるという考え方で医療保険をかけています。

数万円から数十万円くらいは自分のお金で賄いますが、それ以上の部分には保険の出番にしておくという考え方ですね。

費用対効果から考えてもこれくらいの掛け金であれば満足しています。


「保険屋が入っている保険とは」というお話でした。




今日もブログにお越し頂きありがとうございました。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村


スポンサーサイト
[2015/12/07 18:06] | 保険についての考え方 | コメント(0) | page top
<<金の卵が産まれる日(2015・12・8) | ホーム | デキル奴ほど気をつけろ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |