目標額を大幅に変更
投資を始めてからちょうど3年が経ちました。

今月で積み立てた総額は8,500,848円。

今月の分配金予定134,744円。

ということはこの時点で年間1,616,928円。

単純利回り1,616,928÷8,500,848=0,19

年間19パーセント。

ほぼ理想通り。

ただし減配がなければという計算です。

もともとこの毎月分配型を選択したのは毎月の不労所得を得たいという願望でした。

そして2014年1000万の年収を取り戻すという目的がありました。

現在僕はビジネス収入として月収で約60万ほどに戻せました。

ということは後不労所得としては20万ほどでいい計算になります。

ということでこの黄金の鶏ファンドの目的地を変更します。

それは金の卵は20万に変更します。

これなら後1年ほどで到達できそうです。

20万という根拠ですけど、取りあえず月20万あったら独り身なら生きていけるだろうというざっくりとした感覚です。

そして路線変更した理由はやはり毎月分配型のリスクの部分です。

どうしても元本払戻金で分配することがほとんどなので減配リスクを避けられません。

せっかく資産を築き上げても今度は減配リスクにおびえることになってしまいます。

これでは自由を獲得したことになりません。

後1年積み上げて分配金が20万に達成したらそこから受け取りに回ります。

あくまでも減配がなければですけど、約5年で投資元本は回収できます。

そこからは減配があろうがなかろうが丸儲けとなります。

4年積み立てて5年で元本回収。

そこまでいったら逃げ切り。

ということは今の時点でも受け取りに回ったらよくね??

という風にも考えてしまいます。

ん~~しばらく検討しようと思います。

スポンサーサイト
[2017/10/11 08:03] | 投資についての考え方 | コメント(0) | page top
セミリタイアラッシュ
最近ぼくが毎日見ているセミリタイアブロガーの方たちが近日中に本格的にセミリタイア生活に突入されることを表明されました

僕もセミリタイア生活には興味がありますが、まだそこまでの勇気はありません。

是非セミリタイア後の生活もブログにしてほしいと思います。

僕もあと3年3か月後には黄金の鶏を完成させる予定ですが、完成させた後どうするかまでは決めていません。

しっかりと参考にさせていただこうと思っています。
[2017/10/07 17:51] | 自由についての考え方 | コメント(0) | page top
給料が増額されました。
約一年にわたり会社に対して投資をした恩恵をやっと受けることができました。

今月の給料は額面で57万円。税金やらなんやらひかれて手取り47万円。

今月は分配金合わせて32万ほど積み立て投資に回す予定です。

ここから一気に投資ペースを加速させていきます。

すべては自由の為。今は何も考えずに突き進みます。
[2017/09/21 07:27] | 給与公開 | コメント(0) | page top
実は借金してました。
ブログにあえて書かなかったのですが、実は借金してました。

住宅ローンとは別に。

その額535万円。

目的は契約を買い取るためです。

会社がM&Aで買い取った契約を僕個人の契約にするためです。

去年の5月からその返済が始まり、今月でやっと返し終わる予定です。

返済さえ終われば毎月の収入が額面で150,000円くらい増える予定。

現在450,000円くらいが平均でしたので毎月月収600,000円から700,000円くらいになる予定。

しかし、収入が上がっても相変わらず生活レベルに変更はありません。

投資を始めた2年半前のまま。

やってることは収入を最大化すること。支出を最小化すること。全力で投資し、再投資すること。

これを後3年4か月繰り返すだけ。2020年を目指して。

自分を取り戻す。今はそれだけ。
[2017/08/12 07:40] | 未分類 | コメント(0) | page top
分配金発生日を忘れる。これはいい傾向
今日はフィデリティの分配金が振り込まれる日でした。

その額35,227円。勿論そのまま再投資され78,006口のアップ。

いつもなら朝起きていそいそと口座を確認するのに今日はしばらくたってから気が付きました。

「あぁ、そういえば今日振り込まれる日だったな」

ほとんど関心をなくしています。

これはいい傾向。

淡々と投資する。

この境地に自分も来たのか。

口数合計も2500万を超えました。

大体8000万くらいで目標達成のつもりです。

切りのいいところで1億まで行くか。

あと2年半、どこまでいけるかな。
[2017/07/19 08:12] | 日記 | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>